カテゴリ:今までの施工例( 14 )

明治池の庭 追加植栽

2年前に植栽工事を
させていただいてから
定期的にお手入れに伺わせて
いたお庭の追加植栽を
承りました。


お庭の中の少しあいている
スペースは、外から見ても
そこの部分の緑量がもう少し
あったらいいな。
と以前から考えていたので
冬にご相談をいただいてから



この空間にいれる木は、

春から秋までとても日当たりが
よく、乾燥気味の土壌でも
育つ植物は。。
と考えてから植栽計画を
たててご提案してきました。


2年前に植えたジューンベリーの
木を大切に育てて下さっていて
実もお子さんと収穫しながら
楽しまれていることをお聞きして
樹木はブルーベリーを選び、
しっかり土壌改良をしてから
植えさせていただきました。


2年で株が大きくなっている
トキワシノブや、
下向きの可愛い花が冬に咲く
クリスマスローズが
奥様がお好きなようで、
今回もあまり色をいれすぎない
植物、主に宿根草
を選びました。

a0233896_10415417.jpg


a0233896_10421440.jpg



ブルーベリーは白い花が可愛いらしくて
秋は紅葉が楽しむことができます。


樹高は私の身長よりもやや高いくらい。
お庭の雰囲気が変わりました!


a0233896_10444513.jpg


白花はペンステモン。


紫花の宿根リナリアや
これから次々に花を咲かせる
アガスターシェも
植えさせていただきました。


どうか元気に成長していきますようにー。
と願いながらお仕事を
させていただきました。


ご夫婦でお水やりや虫に
気を配りながら大切に
木々や植物を育ててくださり
有難うございます。


そして、これからも
お手入れで伺うたびに
お庭をよくみながら
居心地のよい場所に
なるように手をいれさせて
いただきたいと
思っています。


ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2015-06-04 10:16 | 今までの施工例 | Comments(0)

2015年 2月 幼稚園 植栽

立春を迎えたとはいえ、
まだまだ寒い日が続く大阪です。


先日、次男の通う幼稚園の
入り口そばにある
大型プランターの植え込みに
行ってきました。

a0233896_14312018.jpg

入ってすぐのよく目につく
プランターなので
今月末に行われる発表会や
来月の卒園式で
園児のみんなや、保護者の
皆さんに草花を見て
楽しんでいただけたら…と
いう思いで作業させていただきました。


「○○君の←次男の名前
お母さん、何してるの〜?」
と次々に作業中、
可愛い声で覗きに来てくれる
園のみんな。


私の切った花がらを
「もらってもいいー?」
と聞いて一つ一つ手にとって
小さな花束を作り、
「お部屋の水の中にいれようね」
と話しあう女の子たち。


本当に子供の素直な気持ちや
発想は大人とはまた違います。

見ていると胸が熱くなったり、
小さな喜びを私自身も感じました。



今回は折角草花を植える
ことになったので
プランターの土を
全て替えるため、
最初の作業に少し時間を
要しました。


が、鉢底石をいれたり、
水はけがよい土に替えることが
できて今後の生育のためにも
良かったと思っています。


プランターの向こう側の遊具で
遊ぶ子供たちの様子が見えるように
背の高い木はいれずに
ハッキリした色の花を中心にして
クリスマスローズや水仙など
花期が長い宿根草も植えこみました。


みんな、植えられた花を
眺めたり、ネコヤナギで
ホッペをスリスリしたり、
身体で、目で、
いろんなことを
感じてくれているみたいで
私もとても嬉しく思っています。


しかし、子供たちは元気ですね!
雪が降ってきてもブンブンと
園庭で走りまわっていました。
←我が子も。。


子供さんの通う施設に
草花を植えさせていただくのは
はじめてでしたが、
ストレートな園のみんなの反応や
先生方が喜んで下さる姿に
今年もまた「あなべる」のお仕事を
頑張ろうと元気をいただき、
またいい経験をさせてもらいました。


長男も次男もアットホームな
こちらの園でのびのびとした
幼児期を過ごさせていただきました。


卒園まで後一ヶ月ほどー。


私も悔いのないように
子供の成長した姿を
目に焼き付けたいと思っています。

a0233896_14354772.jpg



春になって、また新しいお友達が
入園してくる頃に、
植えこんだチューリップが
花を咲かせますように…!




ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2015-02-06 13:59 | 今までの施工例 | Comments(0)

フラワーバルコニープランター設置

今年の秋にお庭の
リフォームのお仕事依頼を
いただきましたお客様より
先月、フラワーバルコニー
施工完了とのご連絡を
いただきました。



設置前の様子。
工事完工の時期の撮影です。


リビング前は以前はナツハゼが
一本、植えていました。

トキワマンサク、アオダモ、
ハクサンボクを植えさせていただいてから
お部屋から木々のみえる景色を
楽しんで下さっています。

a0233896_23415517.jpg



バルコニーですが、
後付けののため
耐えうる重量が決まっていて
植物を植え込んだプランターを
フラワーバルコニー
一箇所につき、3個設置予定でしたが
2こ設置に変更いたしました。


土が水を含むとかなり
重量が変わるので
植えこんだプランターに
水をやってから一つずつ
重量を計っていきます。


規定をクリアしたものはOK!


a0233896_23422922.jpg


並べてみるとかなり
賑やかにみえますね。
a0233896_23441284.jpg


花期の長いスキミアを主役にして
春まで楽しんでいただけるように
あえてクリスマスカラー
を意識しない
色あいにいたしました。

a0233896_23425849.jpg

お教室のお部屋からも
プランターがよく見えます。


生徒さんにも先生にも
楽しんでいただけると
嬉しいです。


そして秋の工事の施工で
お世話になった
タマンサリの英司さんが
最近お庭につけて下さった
ライトがあたたかくお庭を
照らしていた夕暮れ時。
a0233896_23454515.jpg


春にヒュウガミズキの黄色い花が
咲く頃はいっそう美しく
その姿を照らしてくれると
思います。


プランターは季節ごとに
植えかえをいたしますので
春や夏にボリュームいっぱいに
花を咲かせるお花に植えかえる
頃はまたバルコニーも
違った表情を見せてくれる
ことでしょう。


次回は春に植え替えと
お手入れに伺わせて
いただきます。


いつもにこやかに
対応してくださるお施主さま、
有難うございました。


そして今後ともよろしくお願いいたします。



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net



[PR]
by u_annabelle | 2014-12-22 23:13 | 今までの施工例 | Comments(0)

2014年10月 河内長野市「和」の庭

この春に長年のお仕事をご退職
された奥様からのご依頼です。


お仕事に子育てと、
充実されておられた日々から
これから新しいご自宅で
育んでいかれる「幸せ」を
私なりに考えながら
お仕事をさせていただきました。


conceptは
-これからの幸せ「和」の庭-


和室から眺めるお庭の景色が
一番お好きということで
そこから見えるお庭の景色も
大切に考えていきました。


これからご自宅で過ごされる
時間が増える分、
ご家族はもちろん
来客の方とご一緒に
植物や木に目をとめてもらったり、
お庭でお話ができたりと
お庭が人と人とを結ぶ
「和み」の場所であって
ほしいという思いで
取り組んでいきました。



この春にできたばかりの
お庭の植栽と道路に
面した植栽スペースを
変えていくことが
今回の主な工事内容です。


お施主様からのご要望は
アプローチの真っ直ぐな
ラインを植物でやわらげて
ほしいとのことで、
その他、既存のお庭のゾーンと
新しくお庭が作られたゾーンが
少しバラバラになっている
感じでしたので、
より気持ちよく、心地よい
お庭にしていくために
a0233896_15343931.jpg


沢山点在している
鉢を地植えにして
枕木で野菜などを植えて
楽しんでいただける
菜園の花壇を新たに既存の庭に
作ることに。
a0233896_15202056.jpg


リビング前の大きな窓からは
ハゼの木が一本見えていますが
もう少し緑量を増やして
外部からの視線も気にならないようにと
高木のアオダモとトキワマンサク、
ハクサンボクをご提案しました。
a0233896_15205192.jpg



そして和室前のお庭。
積み上げられていた飛び石は
菜園からウッドデッキまでを
歩きやすく据え直し、
一部はそのまま積まれたまま残し、
お部屋から眺める視線の先には
石の上に和の寄せ植えをー。
a0233896_15215481.jpg
(和室から見たお庭です)

蕾だった白花糸ラッキョウは
工事中に可愛い花を咲かせて
くれました。
a0233896_15224093.jpg



道路前植栽スペースは
宿根草の間に
原種のチューリップの
球根も植えています。
a0233896_1522873.jpg


a0233896_15233133.jpg



春が楽しみです!


白とピンクのマーブルな
チェリーセージ。

a0233896_15232913.jpg

ピンクと紫色がメインの色の植栽です。


デッキ前はブラキカムと
ミツデイワガサ。
a0233896_1524199.jpg



秋のシュウメイギクと
ギンミズヒキは
私の好きな組み合わせ。
美しいです。
a0233896_1524739.jpg




菜園の花壇を作って下さった
タマンサリの英司さんが
ユーカリの枕木を既存のお庭に
たてて入れてくださいました。


既存のお庭と新しいお庭が
繋がったような瞬間でした。


お施主様もとても気にいって
おられました!
(早速フクロウがお庭に仲間いり)
a0233896_15244229.jpg



英司さんは、
飛び石を据えて下さり
高木の植え付け、
そして
既存の庭の木々の剪定
を丁寧にすすめて下さいました。
また的確なアドバイスを
いただきました。


奥さんの真紀さんには
打ち合わせや、草花の
植え込みのお仕事をご一緒
していただきました。
お二人のご協力で
気持ちのよい、
居心地のよいお庭を。
という目標としていたお庭が
完成しました。

a0233896_15264186.jpg


翌日からお庭を眺めたり、
咲いた花をみて楽しんで
いただいている様子を
教えて下さるお施主様。


前向きにお庭づくりを
ご一緒に楽しんで下さったことを
本当に感謝しています。


この度のご依頼、
有難うございました。

そしてこれからも
どうぞよろしくお願いいたします。




ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2014-10-31 14:22 | 今までの施工例 | Comments(0)

2014年6月 河内長野市 アプローチ植栽

今年の2月に自宅の花壇植栽を
ご依頼いただいたお客様より
門扉から玄関までのアプローチ
スペースのご相談をいただきました。


お客様ご自身でつくられたという
レンガの植升。
自ら手を動かして色々な工夫を
されながら暮らしておられます。


お庭や玄関まわりを
「気持ちのよい場所にしたい」との
思いが打ちあわせの度に
伝わってきました。
a0233896_10465593.jpg



春の様子。
目につきやすい玄関まわりの
アプローチに植物の緑が
映えるようにと白の砂利を
ベージュがかった砂利にご提案。


こちらのほうはご家族様がご協力
のもと、植栽日までに
作業をすすめて下さっていました。


子育てもひと段落されて
これからは長い時間をかけて
ご自身の時間を楽しんで
いただけるように。と
少し落ち着いた色あいで
前回の花壇では考えて
植栽をいたしました。



今回のアプローチは少し華やかに
とのご希望をうけて前回の花壇と
繋がりをもたせたいと
濃い色あいの花はいれずに
淡い色あいの水色、ピンク、
紫、白の花が咲く植物を
植えさせていただきました。

a0233896_11141911.jpg



宿根草メインの植栽です。
季節ごとの花を楽しんでいただきたいので
花と緑が混合されているように見えます。

a0233896_11191947.jpg

奥様のご希望で奥の広いスペースに
置く寄せ植えをご自宅の鉢を使って
作成させていただきました。
白、緑がメインの寄せ植えです。


しっとりとした緑が秋には紅葉にかわる
ミツバシモツケ
a0233896_11242032.jpg

落葉樹のクロバナロウバイなど
茶花として楽しむことができる植物も。

a0233896_11263436.jpg


a0233896_11265882.jpg

花生けがお好きということで
切り花にもできて室内で
楽しむことができる植物も
植えさせていただきました。

a0233896_11292726.jpg

これから次々に花があがってくる
白のバーベナハスタータ。
高低差のある植物を植えていくと
雰囲気が変わります。

a0233896_11295678.jpg

塀の既存のアイビーをご自身で
抜いておられたので
そこにはハクサンボクの木を
目隠しがわりに。


当初からカップ咲きのピンク色の
バラをご希望されておられて
今回、植えさせていただいたのは
花が中輪のイングリッシュローズ
「ウイズレー2008」

a0233896_11335231.jpg

香りがよく、造園向きのバラ。
(デビッド・オースチンのHPより)


たくさん葉がついた葉色がよい苗を
選び、深く掘った植穴に
バラ専用用土をいれてから
植えつけます。


今回はいつもお世話になっている
土やさんのお話を伺って
マルチング材も違う素材に
変更してみました。


「植物や土壌によい」と
感じたことは可能な限り
実践していきたいと思っています。


お客様の笑顔に出会う時、
大切なお家まわりに植物を
植えさせていただき、近隣の方々と
笑顔であいさつさせていただく時。


私はこの仕事が好き!との
思いが沸きあがります。


現場で土の水はけの具合を
判断したり、日当たりによって
選ぶ植物を選定したりと
難しさも多々ありますが、
これからも私の住む
南河内に緑を増やして
いけたらと思っております。



この度は大切なお家まわりの
お仕事をご依頼いただきまして
有難うございました。



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2014-06-13 11:21 | 今までの施工例 | Comments(0)

2014年2月 河内長野市 花壇植栽

今回のお仕事はホームページから
ご依頼をいただきました。

2年前にお庭全体をリニューアルされて
上げ床花壇の景色をキッチンから見て
楽しんでおられました。


この度ご依頼いただいたのは花壇の
裏のストックヤードの背景を木々の
緑で変えたいということと、
そして
花壇がまとまらないという点に
ついてもお悩みの様子でした。


モミジを庭にいれたいという
明確なご希望をお持ちでしたので
その部分をメインに考えていきました。



a0233896_1713887.jpg


今までは「洋」の食器などが
お好きだったのが少しずつ
「和」を感じさせるもの
(食器、食べ物など)
にひかれるようになられたとの
お話を聞かせていただきました。

人は月日と共に
「好み」というものは
少しずつ変化していくものだと
思います。


明るめの色のレンガの花壇
を全て「和」を感じさせるものに
変えるのではなく、
派手さはないけれど眺めるたびに
しみじみと いいな。
と感じていただけるように

コンセプトは
「四季の移り変わりを
 眺めていたくなる花壇に」


既存の斑入りアイビーやオブジェは
外して、2年前の施工から
少し土が下がってきていたので
a0233896_17234899.jpg

シマトネリコを含む
全ての植物をいったん堀りあげて
真砂土をいれて全体のレベルを
あげていきます。


土壌改良を行い、高木を
植えた後、
東側花壇のヒュウガミズキ、
アジサイ、雪柳を堀りあげて
花壇へ移植。

a0233896_17303219.jpg


キッチンから見る景色を大切に
したいというのがお施主さまと私の
共通の思いで、モミジを
植える前は実際にキッチンに
立って確認していただきながら
植えていきました。


新たに植えるモミジ、イチゴノキ、
ビバーナムティヌス。

そこにお施主さまのお庭の
低木を移植していくと
あまり違和感もなくすっと
お庭の花壇になじんでいったように
思います。

a0233896_17415673.jpg


春になると賑やかな
花を咲かせて楽しませてくれる
ヒュウガミズキ、コデマリ、
ユキヤナギは位置を手前に
変えて植えていきました。

a0233896_174415.jpg

草花はクリスマスローズ、
水仙、ローズリーフセージ、
クレマチス ムーンビームなど。

斑入りのノシランは夏は涼しげに
感じることができそう。
と喜んでいただきました。


昨日はタマンサリ
英司さんとお仕事をさせていただきました。

a0233896_17494014.jpg


的確なアドバイスをいただき、共に
木を植える位置を考えて判断しながら
中高木を植えていただきました。


真剣な作業の中で
時折柔らかな笑顔で現場を
和ませて下さいました。


a0233896_17542072.jpg

寒い1日でしたが、
作業を終えるころに
お施主さまお手製の美味しい
お善哉を私たちに
振る舞っていただき、
身体も心もポカポカに・・・。


そして掃除を終えて失礼する頃には
勿体ないほどのお言葉を頂戴して
ただただ胸がいっぱいになりました。

「今よりもよりよく」と
いうお気持ちが
打ち合わせの度に伝わってきて
私も真剣に向き合いながら
ご依頼いただいた11月から
少々時間を頂戴して取り組んで
きました。


植物はその年の気候などで
葉に虫がつくこともあれば、
下草のグラウンドカバーが
消えることもゼロではありません。


そんなこともひっくるめて
モミジの新緑、紅葉、
木々や草花の開花などを
楽しんでいただければ
私も嬉しく思います。


頂戴したあたたかいお言葉は
これからの励みにさせていただきます。


この度はご依頼いただきまして
本当に有難うございました。


ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2014-02-08 18:03 | 今までの施工例 | Comments(0)

2013年 河内長野市の庭

9月初旬に着工。

約1ケ月間の一期工事を経て、先日
大江ガーデンさんと
お仕事をご一緒させていただいた
河内長野市の現場の植栽工事が
完了し、全ての工事が無事に完工いたしました。

全景です。
a0233896_1311647.jpg



こちらの現場は駐車場が4台分の確保と
いうことでカーポートのない車2台分の
スペースは真砂土の洗い出しで
「庭」としての景観を、
門柱は奥行き感を感じられるようにと
スリットや小窓をいれたデザインに。


大江ガーデンのデザイナー晶子さんの
設計で一期工事を施工。



植栽前の様子です。

a0233896_13252887.jpg


a0233896_13255939.jpg


植栽工事前には晶子さんとお庭に
植える木をみに
いつもお世話になっている
古川庭樹園さんへ。

a0233896_19132495.jpg


庭に木がはいる風景を思い描きながら
1本ずつ木を選んでいきました。


いつも思うことは大きな木を選ぶのも
また、その大きな木を庭に
植えるということも
真剣かつ、とても緊張する時間
ということです。

a0233896_19132373.jpg


1日目は小雨のふる中、
2日目はかわって晴天での植栽工事。


門柱前アプローチ、主庭を
あわせるとかなり広いスぺ―スです。

a0233896_1829727.jpg


この度は明るめのレンガの色にも
あうようにと宿根草だけではなく、
いつもよりも一年草、球根など
「色」を
意識して植えさせていただきました。

ピンク色のダイアモンドリリー、
ガーデンシクラメン、
ペラルゴニウムラベンダーラス
a0233896_13195629.jpg


紫色のアスター、
春には地上部から可愛い
小さな花が咲く
シラーシベリカ。
a0233896_9544495.jpg

a0233896_1316397.jpg

a0233896_13171112.jpg



花の咲く頃にはスリットから
ハヤトミツバツツジの花が
見えるでしょうか。

カリオプテリスはシルバーリーフが
美しく、まだうす紫色の花を
咲かせていました。





一週間前に植えたモミジは
最近の冷え込みで紅葉。

そのすがたも美しいです。
a0233896_13115889.jpg





門柱横の4mのヤマボウシは
来客の方やご家族が
花の咲く頃に楽しんでいただけると
何よりです!



レンガのアプローチはかなりの数の
レンガを使用しました。

a0233896_18463251.jpg



どんな時でも冷静に判断されて
施工される
大江さんから多くのことを学ばせていただきました。


私が一人で今のお仕事を始めたころに
羽曳野で庭のお仕事をされている
女性がいると聞き、
会ってみたいと思っていた方が
この度お仕事を
ご一緒させていただいた晶子さんでした。


a0233896_18482592.jpg


現場をすすめていく中で
常にお施主さまの立場に
たってお仕事されていました。


羽曳野のお店、
「大江ガーデン」さんでは
ほっこりと素敵な笑顔で
お客様を迎えてくださいます!

a0233896_1434206.jpg

(こちらは植栽後の水やりをする私です)



1ケ月の現場での
暑い日、雨の日。


目の前の仕事に真剣に
向き合っていれば
「素」の自分がでることもあります。


しかし、信頼する方々と
お仕事をさせていただくということは
私にとっては本当に貴重な経験と
なります。


お庭つくりの先輩である
大江ガーデンの大江さんご夫妻、
長期間お仕事をご一緒させていただき
有難うございました。




そして
打ち合わせから長きにわたり、
お付き合いいただきました
お施主さまご夫妻、本当に
有難うございました。



これからもどうぞよろしく
お願いいたします。



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2013-11-20 19:06 | 今までの施工例 | Comments(2)

明治池の庭

ホームページからご依頼をいただきました。

お施主さまご夫妻は私と同世代で奥様は
お仕事、子育てとお忙しい毎日を過ごされています。



はじめて現状を伺った時は道路前花壇のご相談でした。


ヘデラが庭一面に広がっていたので庭の方の
植栽も提案させていただきました。
a0233896_1285341.jpg
a0233896_1293186.jpg





・左斜め方向がぽっかりと空いていて
 外からの視線が気になること。

・庭いっぱいのヘデラの中の虫が恐くて
 お子さんがお庭に親しみを持つ機会がないこと。



現状を改善し、南向きの庭が
ある暮らしの素晴らしさを実感していただけるように、



コンセプトは 「庭にでよう!」


少し「ベタ」なコンセプトですが
ご家族と庭との今までの距離感を
少し縮めて、庭を普段の生活に近づけたい
との思いから提案させていただきました。




ヘデラは思い切って全面撤去。


真砂土を搬入、ゆるやかな勾配にして
土留めとして石を据えることに。



そして、花や実を楽しむことができる
ジューンベリーの木を植えさせていただく
ことになりました。
a0233896_153113.jpg




高木のジューンベリーは
大人の身長でも届く位の高さのところにも
実がついている木を選びました。



お父さん、お母さんが抱っこしてあげると
お子さんでもとることができるかなー?
a0233896_13565344.jpg

桜の花が咲く頃に
白い小さな花が咲きます。



既存のエゴの木は左斜め方向に移植することに。


中高木はGarden design office 萬葉の北谷さんに植えていただきました。



土が真砂土単体の固めの土なので土壌改良をしっかりと。
a0233896_1342577.jpg




1年ぶりにお庭づくりのお仕事を
ご一緒させていただきました。


北谷さんは庭の正面からだけではなく、
アプローチから、部屋側から、
道路側から、あらゆる位置から立って見て
木を少し右にふってみたり、
手前にふってみたりと木を植える前の
作業に重きをおかれています。



庭全体の空間を考えながら木を
植えられるので木が生命をふきこまれた
ように庭にはいるのを感じます。
a0233896_13554629.jpg



先月、北谷さんとトラックに積み込んでおいた
石も据えていただきました。

a0233896_13593422.jpg


お子さんが石の上にのったり、
庭の中で腰かけたりすること
もできるかなと思っています。

a0233896_143286.jpg

a0233896_0431888.jpg



花壇は私が石を据えて、
黒袖サンゴミズキ、バイカウツギなどの
木の間に花の咲く宿根草やグランドカバーを
植えていきました。
a0233896_0441440.jpg



西洋ニワトコブラックレース。
可愛い蕾がついています。



門扉のそばには寄せ植えを。
a0233896_0451579.jpg



全体的にはかわいらしいというよりは
少しおちついた感じの植栽にしました。


庭の方は
「緑の中にポツポツと花が咲く」という
のが全体のイメージ。
a0233896_0462745.jpg


a0233896_14185423.jpg

白山吹は花の咲き始め。


a0233896_1421231.jpg

ハクサンボクの花の香りが施工中にただよっていました。




奥様のお好きな植物は多肉植物よりも
バラよりも「オオイヌノフグリ」で
小さな控えめな花の咲く植物がお好みです。
a0233896_0474838.jpg



花の咲く宿根草も植えています。


植栽1日目の夕方、ブルンネラを触ってみたいと
お子さんが軍手を持ってきてくれました。



・・・つまり、庭にでてきてくれたのです!


a0233896_14274892.jpg


一緒に触ってみようか~。と苗をそっと
持ってくれて。
a0233896_14303343.jpg

私はとても嬉しかったです。
これからも庭の中に入って花を眺めたり、
触ったりしながら色々な発見をみつけて
下さいね。



そして2日目の日に庭をずっと眺めておられた
奥様が仕上がった庭がご実家のお庭と
雰囲気が少し似ていて落ち着くという
ことをお話ししてくださいました。



ご家族皆様にお喜びいただけて本当に
私も感謝の気持ちでいっぱいです。



今回のお仕事は
「100%完成形の庭」ではなく、
植物の今後の成長をみながら
追加の植栽をさせていただいたり、
お手入れで手をいれさせていただきながら
今後もお庭とお施主さまご家族と
長いお付き合いをさせていただきたいと
思っています。


この度は有難うございました。


そして今後共どうぞ
よろしくお願いいたします!




ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2013-04-17 14:41 | 今までの施工例 | Comments(0)

河内長野市2012年11月

昨年の5月にご自宅の門扉まわりを
植え込みさせていただいたお施主さまに
先月、主庭についてのご相談を伺いました。

松とキンモクセイの間がぽっかりと空いている
のがずっと気になっておられるとのこと。

リビングから見る庭の景色を楽しんだり
来客の方にもみていただけたら・・・と
いうご希望です。

広いお庭なので今回はリビングの窓から
見える箇所のご依頼をうけました。


お仕事、家事にと日々お忙しくされて
おられる合間、庭にでた時にご家族やお孫さんと
咲いた花をみて楽しんでいただいたり、
花の香りを嗅いでいろんな会話がそこから
うまれたら・・・という思いから
「香り」をとりいれた植栽を提案させて
いただきました。

きっかけは

百合の花が好きと
いうお施主さまとの会話の中から。

a0233896_2124785.jpg


(昨年のお庭の様子です)


a0233896_2127064.jpg

大事に育ててこられたギボウシ、ジャスミン、
ブルーベリーの鉢は地植えにさせていただきました。

a0233896_2130468.jpg

オベリスクに誘引したのは
クレマチスの「籠口」

そしてしっかりと掘った植え穴には元肥を
すきこみ、柔らかなピンク色の花が咲く
オールドローズの「フェリシア」の
大苗を植えつけました。

a0233896_21344340.jpg


右手前の常緑のミカン科の
「スキミア ルブラ」はこれから
春まで花を咲かせてくれます。

球根は初夏に花が咲き、香りが漂う
「山百合」

そして、春に小さな花が咲く
「シラーシベリカ」を植え込みました。

a0233896_21395414.jpg

シラーシベリカの花

まだ肌寒いころにひょっこりと
顔をだします。


香りのする花に
そっと鼻を近づけてみると
どんな香りがするのかな?


そんなこともご家族で楽しんで
いただけたら・・・と
思っています。

a0233896_2146984.jpg
a0233896_21472175.jpg


もともと植わっていたクリスマスローズ
も大切な存在。

そして、宿根草がメインだと今の季節は
リーフ類が目立つので、
白のガーデンシクラメンを植え込みました。

そして、ぽっかりと空いていた場所には
お施主さまのご希望をとりいれさせていただき、
株立ちの白花のヤマボウシを。

植えていただいたのは
タマンサリ
英司さん。

私のブログでたびたびご登場いただいて
いるタマンサリさん。

英司さんは以前にもお仕事をご一緒させて
いただきまして、
この日は高木の
ヤマボウシを植えていただきました。
a0233896_2271238.jpg



木を植えてから下草となる植物を植えていきますが
木を植えることで庭の景色が変わることを
本当に実感します。


庭に樹高や葉張りなどを考えて、
松とキンモクセイの間にいれる
木を選ぶことに時間がかかり、
1本の木を選ぶことの
難しさを実感しました。





「植物、木を自分の目でみて確かめる」

といういつも心がけていることを
大切にしながらお仕事をさせて
いただきました。


その日の夜に


窓から何度も庭を眺めています。
春がくるのがとても楽しみです。


という嬉しいお言葉を頂戴いたしました。


ご依頼いただいたお施主さまに
喜んでいただくことが
今後の私の一番の励みとなります。


この度は本当にありがとうございました。



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2012-11-14 21:52 | 今までの施工例 | Comments(0)

「金剛の庭」完成です!

先月の9日に着工しました
Garden design office萬葉さん施工の「金剛の庭」が本日
無事に完工いたしました!

着工日の様子
a0233896_23501190.jpg


お天気に恵まれて工事が進んでいきました。
a0233896_23515832.jpg
a0233896_23523343.jpg
a0233896_23535611.jpg


「金剛の庭」はお施主さまが奥様のためにと
切望されたお庭でした。

樹木の足元の草花は「ハナイカダ」などの茶花としても
生けることのできる植物もいくつか植え、

落葉樹の下には排水の環境を整えてから
「シクラメンヘデリフオリウム」を植えました。
a0233896_015043.jpg


私の屋号のアメリカアジサイの
「アナベル」は開花間近です!

本日届いたばかりというお施主さまが
選ばれた椅子がテラスに。

「奥さまのためのお庭」
がはじまりでしたが日を重ねていくごとに
ご主人さまもお庭の日々変わっていく様子を
楽しんでいただいていたご様子で
それは私にとっても嬉しいことでした。

a0233896_0263117.jpg
a0233896_027487.jpg


和室前から眺めることができる庭

円柱形の水鉢のそばには私がこの庭つくりで
一番好きになった樹木のハウチハカエデ

下草は白散斑コマユミ、ワレモコウなどを
植えました。


アプローチからの眺めです。
a0233896_035123.jpg

版築塀の前には水鉢
a0233896_0462014.jpg

そのまわりのベニチガヤがとても綺麗です。

a0233896_0375711.jpg

ユーカリ枕木の棚には実用性も兼ねたガーデン雑貨を。

お庭の表情が変わりました!!

a0233896_0412935.jpg

棚にはミセバヤや多肉植物を植えこんだ
鳥かごも置いてみました。

a0233896_0434585.jpg

フックも実際に使っていただけることを
考えて北谷さんがとりつけられました。

裏庭から歩みを進めたら
a0233896_04853.jpg
a0233896_0482264.jpg

大きな壷が入ったこんな景色です。

樹木のトガと壷が入ってから
庭の印象がかなり変わったことを
肌で感じました。



私は今までフリーで主に植物に関わるお仕事を
一人でさせていただくことがほとんどでした。

今回、一ヶ月という長期間にわたり
「庭をつくる」というお仕事に
携わらせていただくことになり、
毎日現場で色々なことを感じ、
そして学ぶことができました。

それは一つ一つの手仕事であったり、
仕上げに対する細かい配慮がなされた
技術であったり。


そして北谷さんの
「庭をつくる」
ことへの情熱や想いであったり。


毎日の現場での色々な
「気づき」や「発見」に
本当に感動している私がいました。


私が感じたことは庭つくりの
大切なほんの一端かもしれません。


設計と施工をご自身でされている
庭作家の北谷さんがつくられる庭。

真剣で、愛があふれていて、そこから
庭作りの厳しさ、素晴らしさを感じ、


「ええもんをつくりたい」という
北谷さんと最終点は同じでありたいと
思う日々でした。




窓を開けて庭からの風を
感じていただいたり、
庭を通じてご家族の会話が
交わされたりと

北谷さんもいわれている
「暮らしの中の庭」が
芽生えるということを
私も願ってやみません。


a0233896_1235779.jpg


記念写真で慌ててエプロンを着用の北谷さん



このような貴重な機会を与えて下さいました
お施主さま、
北谷さんはじめ、チーム萬葉の皆様、
一ヶ月間、本当に有難うございました!
[PR]
by u_annabelle | 2012-06-08 01:27 | 今までの施工例 | Comments(0)


個人庭、店舗の植栽、アフターメンテナンス ・ グリーン、寄せ植えなどコンテナの作成や、季節ごとの植え替えを承ります


by u_annabelle

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

植物、花、木
日常
annabelle
最新の施工例
ワークショップ・教室
ニワプラス
研究会、勉強会など
今までの施工例
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

aimanaあいまな

最新のコメント

okamotoちゃん ..
by u_annabelle at 13:13
ブルーのお花とエリゲロン..
by okamoto at 21:30
大江さん、この度は有難う..
by u_annabelle at 10:12
この度、大江ガーデンに仕..
by 大江ガーデン at 22:57
平山さん、コメント有難う..
by u_annabelle at 16:20
いいですねー いつも思い..
by 平山庭店 at 22:08
hanonさん 日曜日..
by u_annabelle at 08:04
SLOW*HANDSさん..
by u_annabelle at 08:01
日曜日はワークショップお..
by hanon10 at 11:04
日曜日は楽しい時間を過ご..
by SLOW*HANDS at 10:01

LINK

検索

最新の記事

雪と白い花
at 2018-02-20 11:04
2018年 冬のお手入れ
at 2018-02-09 15:56
ホームページをリニューアルい..
at 2018-02-01 15:20
3月 開催 「土あそびワーク..
at 2018-01-24 15:19
暖かい日のありがたさ
at 2018-01-22 14:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

花・ガーデニング
子育て

画像一覧