カテゴリ:研究会、勉強会など( 14 )

庭女子会 2016年 秋

先週の土曜日は
久しぶりの「庭女子会」でした。


このブログでも何度か
かいていますが、
庭女子会はお庭や緑の
お仕事をしている女性の方たち
が集まってできた会です。


勉強会や遠足に年に1.2回、
庭師の方のお話をお聞きしたり、
土を作られている会社訪問や、
ナーセリー見学など
色々な企画をたて、
参加する私たち自身が楽しんだり、
情報交換をしたり、
自分の仕事に生かしたりしながら
続いております。


今回は河内長野市。


お客様との対話を大切されて
いる「植物屋 douraku」さんへ
お邪魔いたしました。


dourakuさんの店主の
川西さんは市内の植物園の
売店の店長をされていた頃に
植物の話を詳しく
教えて下さっていたことから
お知り合いとなりました。


植物への愛情と情熱が溢れる
川西さんは、近頃はテレビや
雑誌にも登場されるように
なりましたが、以前と変わらず
飾らないお人柄で意欲的で
どんなことでも楽しみながら
お仕事に取り組まれています。


私との打ち合わせから
今回は苔の話を。と提案して
下さり、河内長野市近郊の
苔の観察ツアー、お店訪問、
更に実験用ボトルに苔をいれる
「苔ボトルワークショップ」
まで盛りだくさんの内容と
なりました。


自ら、「手のひら園芸」を
追求されている川西さん。


半日の企画でしたが、
庭女子の皆さんの質問は
お会いしてからおひらきまで
ずっと続きました!


a0233896_21193111.jpg



a0233896_21193241.jpg


ハリガネゴケ。

一般によくいわれている
「山苔」です。


私事ですが、去年の夏に
長男が夏休みの自由研究で
「苔の観察」をとりあげて
共に付き合ってから、
身近なところに
山苔が溢れているのを
気にするようになりました。
(よろしくないと思いますが
家の屋根の瓦にもついています!)

a0233896_21193257.jpg


皆さんと熱心に苔観察です。

こんな苔があるんだ!と
新たな発見もたくさんありました。

a0233896_21193465.jpg


a0233896_20305150.jpg

(完成した苔ボトルを並べて、、。)

お店訪問の他、
苔ボトルワークショップの
合間も植物の話は尽きず、、。


東急ハンズなどで
ワークショップもたびたび
されているとのことですが、
工夫されている点、
お客様に対する誠実な対応などが
溢れるお話からも伝わってきて、
私たちも大いに刺激をうけました。


遅くまで私たちにじっくりと
付き合って下さった川西さん、
有難うございました。



最近は「苔ブーム」のようで、
先日、私が目にした新聞にも
苔の特集が掲載されていました。


身近な「苔」を鑑賞したり、
触れたりと生活の中で苔を
楽しむことが出来そうです!


毎回、会に参加できることは
難しいのですが、
できる形で参加し続け、
緑の仕事をされている
先輩方のお話に触れ、
メンバーの皆さんと
切磋琢磨しながら
関西に緑を増やし
続けていけたら
よいなと思っています。


a0233896_21193512.jpg



お昼は美味しいイタリアンのお店
「近咲蔵」さんで話の花が咲きました。


皆でワイワイとお邪魔しましたが、
美味しいお料理と気持ちのよい
対応を有難うございました。

*画像はメンバーのOさんから
お借りしました。



10月に入りました。

来週からは秋のお手入れを開始
していきます。


近頃、雨の日が多いですが、
お天気になりますように…!












[PR]
by u_annabelle | 2016-10-01 20:23 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

ガーデニング研究会 2015年2月

先週の日曜日は今年始めての
ガーデニング研究会に
参加をしてきました。


a0233896_12442992.jpg



場所はいつもの河南町の
やまなみホールです。

20名程の方々が参加されていました。



最初の本の紹介では
いくつか本を紹介して
下さいましたが、その中でも

「重森三玲の庭園」


はカラー写真が豊富で
京都の東福寺など
有名なお庭以外のお寺も
掲載されていて
まだ実際に重森三玲作のお庭を
見たことがない私にとっては
とても刺激のある本でした。


午後からの古川庭樹園
専務さんのお話で
園芸家の方々が手がける
東京の様々な施設の
緑を用いたディスプレイの話を
話して聞かせて下さいました。



私は最近、東京に行くことは
ほとんど皆無になってしまっています。


ですので若い頃によく足を
運んだ新宿のOZONや青山
などのイメージが私の中の「東京」
ですが、きっと東京という街は
注目を集めているエリアは年々変化をしていて
それぞれにリアルに緑を取り入れて
いるのではないかな…と。


私の勝手な想像ですが。


ディスプレイ的ではあるが
植物のことをよく知っている
園芸家の動きを注目することは
必要なことではないか。


どんなことでも
先頭をきってやっていくことが大事。


など色々な意見がでて
やりとりをされていました。


人生の大先輩である
武部先生や古川専務、
荻野さんの熱いやりとりは
お一人お一人のエネルギーが
溢れておられるのを
参加された皆さんも
感じておられたようで
(勿論私もですが)
荻野さんの昨年のお仕事の
発表では初参加の方からも
熱い質問があがっていました。


あの場所で質問を手をあげて
できることは私は滅多になく、
前向きな方を見ると自分も
見習わないといけないな
と思います。


荻野さんの昨年のお仕事、
これから手がけていかれるお仕事、
公共、個人庭に関わらず
どのお仕事もコンセプトが
分かりやすく、
エネルギッシュに
日々全国でお仕事されている
お話に参加者全員が聞き入っていました。


そんなご多忙な中でも
ガーデニング研究会に毎月参加されたり、
注目すべき本を紹介して下さったりと
仕事と並行していろいろなことを
継続されているご様子で
本当に圧倒されます。


そしていつも武部先生も
ご自身の今のお仕事の話を
包み隠さず話して下さり、
参加させていただく日は
私にとって貴重な時間となります。



「常にアンテナをはっておくこと」



これはアンテナをはることが
あまり得意ではない私が
これから心にとめておこうと思った
この日、先生のお話された
言葉です。


参加されている方々との会話や
コミュニケーションも楽しみの一つな
ガーデニング研究会です。





[PR]
by u_annabelle | 2015-02-17 11:53 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

萬葉さんのお庭見学とお話し会

先週末、庭や緑のお仕事に携わっている
女性メンバーの「庭女子」の皆さんと
ニワプラスの主宰もされておられる
ガーデンデザインオフィス萬葉の北谷さん
作庭の「K's APARTMENT」の
お庭の見学会に行ってきました。


朝、到着後、少々道に迷っていると・・・
緑に包まれたAPARTMENTを発見!

道行く人々も楽しむことができるような
お庭です。

a0233896_11363446.jpg


サルスベリや桜の高木が
迫力があり、風がふくと
葉がサラサラとそよぎ、なんとも
涼しげです。


a0233896_11392148.jpg

見学させていただいている間にも
質問が飛び交う庭女子メンバー。

この日の司会は大江ガーデン
晶子さんが担当してくださいました。



見学会の後は
「庭をつくるうえで大切にしていること」と
いうテーマにそって画像を交えながら
お話をして下さいました。


今の庭づくりのベース、
転機となった庭づくりの話。



庭づくりで大切にされておられる
「デザイン」のことなど。


a0233896_1146295.jpg


お話を伺っているとお施主さまに
「誠実に」
お庭づくりをされていることが
伝わってきます。


a0233896_11484679.jpg


オーナーさまに了解をいただき
中庭も見せていただきました。


今まで萬葉さんが作られたお庭を
何度か見せていただく機会が
ありましたが、今回見せていただいた
K's APRTMENTを含め、
できあがって間もないお庭でも
「前からそこにあったようなお庭」
のように感じます。


「まっさら感」がなく、
「生活の匂い」のするようなー。


それは以前お仕事をご一緒させて
いただいた時にお庭づくりに「入魂」を、
→魂を注ぐようにお庭づくりを
されているように感じました。


そして、お庭づくりでの
「デザイン」を大切に
されておられるからこそ
そのように感じることができる
お庭なのでは…と思いました。

・・・大勢の女子に囲まれても
いつものように振る舞っておられた
北谷さん。 すごいです!

a0233896_1203361.jpg


参加された皆さんと記念撮影。


a0233896_1215080.jpg


長時間にわたり、お庭づくりの話を
沢山聞かせていただいた北谷さん、
お忙しい中を見学会開催を承諾して下さり
有難うございました。

この日、ご一緒させていただいた
庭女子の皆さん、
有意義な1日を有難うございました。



また自分の仕事に邁進していこうと
元気とやる気をいただいた1日でした。



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2014-09-18 12:05 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

Gardening研究会 7月

近頃、ブログをiPhoneで
かいてアップしてからPCにて
補足、変更をしている日々。


というのも、今までなんどか
PCでブログをかいていざ!
と投稿しようとすると、
何故か上手く接続できて
いなくて、全て消えた。。
ということが春頃から
何度かあって、
その度に心が
折れそうになっていました。


文章をかくことは嫌いでは
ないけれど得意ではありません。


自分の思いを綴るという
ブログをかくという作業は
以外に時間がかかるものです。



これは私だけでしょうか?


先日、久しぶりに
Gardening研究会に
参加してきました。


主宰されている武部先生は
お忙しい中、ご自身のブログを
毎日かいておられます


エネルギッシュに
お仕事をされておられる毎日をブログを
拝見するたびに垣間見ることができます。



この日、紹介して下さった本の
数々はジャンルが多岐に
わたっていました。


一番最初に私のところにまわって
きたのは「niwa 秋号」

a0233896_1456066.jpg



巻頭の1ページに武部先生が
執筆された文章があり、
私も読ませていただきました。


最後の言葉は緑の仕事に
関わる者として、
決して忘れてはいけない
言葉のように思いました。


武部先生の近作発表に
続いてご自身の近作を
発表されたのは
大阪 の豊中から来られた
飯田さん



メンテナンスで現状の
お客様のお庭の木を
よりよくしていきたいと
いうお仕事への思いが
伝わってきました。


これからは庭作りに力を
いれていきたいとの
お話を画像を交えながら
とても落ち着いて
発表されていました。


私は隣に座らせていただいて
いましたが、あまり
じっくりとお話をする
機会がなかったので、
次回、またお会いする機会が
あれば色々お話を聞かせて
いただきたいと思います。



そして、三重県から来られた
西村さん


今回発表されたのは
期間限定のギャラリーの
室内植栽のお仕事について。


ご自身でじっくりと時間を
かけて考えて取り組まれた
ことがお話と画像から
伝わってきます。


足元の繊細な草花と、
木々とのバランスが
美しく、実際に見てみたいと
思ったのは私だけでは
なかったと思います。


質問に丁寧に答えて下さった
西村さん、有難うございました。




Gardening研究会で
発表される方の準備や心いきには
素晴らしいものがあり、
また一方的に話を聞くだけでは
なくて、武部先生の
「庭」や「排水」の話で
質問をしたい人は
そのままにはせずに、
積極的に聞いていくということ。



この日は女性の参加者の方も
多かったのですが、
皆さん聞くばかりではなく、
質問をするという
「受け身」だけではなく
「前向き」に参加されている方が
多いように思います。


大先輩からの「突っ込み」などの
助言も、相手の方を思うから
こそでてくる言葉なのでは
ないかと思うのです。



何より大阪の景観に対して
こんなに熱く語りあう会が
他にあるのでしょうか…?


と一日Gardening研究会に
参加して感じたことです。


私はここで退席をさせて
いただきましたが、
夕方からは武部先生が
古川庭樹園さんの園内で
作られた石組みの見学に。



私は春に一度、庭樹園さんにて
見せていただいたのですが、
先生がどのような思いで
石組みを作られたかという話を
聞きたかったですー。



武部先生、大先輩方、
そして志が高い方々の話を
聞かせていただくと背筋が
のびます。


冒頭の「雑誌 niwa」は
「みどりの効果」の
特集ページが特に
興味深い内容でした。



気になる方は書店で是非、
探してみて下さい!



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2014-07-23 14:01 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

ガーデニング研究会 8月

一昨日の日曜日は毎月、参加させて
いただいているガーデニング研究会へ
行ってきました。

今月は主宰の武部さん作庭のお庭見学で和歌山へ。

いつも手がけられたお庭の話を聞かせていただくたびに自分なりに想像を
巡らせていました。

この日は以前、研究会の話の中でも
でた画廊、イベント会場としても解放されているというかなり広いお庭を
まず見学させていただきました。
a0233896_20563577.jpg


道路に面した植栽は道行く人でも
目にすることができます。

ジニア、千日紅など花も沢山で
歩いている人はふと足をとめて
見入ってしまいそうです。

a0233896_20563751.jpg

「古材を使うことができるのが
造園の仕事」
と以前お話を聞かせていただいたことがありますが、武部さんが実際にそのことも具体的なお話を交えながらその場で話して下さいました。

a0233896_20563837.jpg

a0233896_20563991.jpg


参加された皆さんと汗をかきながら真剣に聞きいったり、談話をしたり、
お庭をじっくり見させていただいたり。

武部さんの作庭のお庭見学は私にとっては初めての体験で、お庭の空気感や
大きなケヤキの木の木陰の下を吹く風を身体で目一杯に感じたり…。


感動冷めやらぬまま次のお庭へ移動。

と、私が運転した車は迷いに迷い、
同乗されていたニワプラス女子メンバーの
伊藤さん
福元さん
阪上さんは
さぞかし落ち着かなかったことでしょう(すみませんでした!)

a0233896_20564057.jpg


やっとたどり着いた二件目の
お施主さまの別宅のお庭は
海を望むお庭。

たどり着いたら皆さん、すっかり
リラックスして落ち着かれていた
ご様子。。


「気持ちのよい場所に」

とこちらのお庭の話を以前、聞かせていただいていたことを
自分自身がそこに身をおいてみて
しみじみと感じることができました。

a0233896_20564094.jpg






木陰でゆっくり腰かけて庭全体を見せていただきました。
a0233896_20564233.jpg


懐の深い武部さん、お施主さまには
このような機会をつくっていただき
本当に有難く思います。


ガーデニング研究会というところは
素晴らしいお仕事をなさっている
造園家の方が沢山おられます。

私にとっては今もえいやっと
毎回が緊張での参加の連続です。


帰り際に挨拶すると
笑顔で手をふって下さる、
武部さん、
古川庭樹園の専務さん。


若手の(年は若くないですが)
私にとっては緊張が緩む瞬間です。


毎回がいろんなことを自分なりに
感じて、沢山の刺激や学びがあります。


この日は真夏のお庭見学ということで
暑くて、熱い一日でした!



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2013-08-20 20:04 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

ガーデニング研究会 12月

もうすぐクリスマスですね。

クリスマスとはあまり縁がない
少々早足の毎日を送っています。

a0233896_13431675.jpg


今週末はまた少し寒くなるようですね。
年末にむけて風邪をひかないように
のりきりたいものです。



先日の日曜日は武部正俊先生主宰の
ガーデニング研究会に2ヶ月ぶりに
参加をしてきました。

まずは本の紹介から。


TRUCKの「UNDER THE TREE」

この本は私も先日、TRUCKで購入しました。
まだ、最後まで読めていないのですが、
熊本のアキニレの話がでてきました。

私は個人的には
「家と店を考える」という章がとても
興味深くて共感できたのですが、
もっと読みこんでいきたいと
思っています。


火鉢や薪ストーブなど
今回、 火 をテーマにした内容の
「チルチンチンびと」


そして、「伊勢神宮に秘められた謎」

武部先生が最近行かれた伊勢神宮の
内宮、大山津見神社や子安神社の話を
聞かせてくださいました。

何年かまえに研究会のメンバーで
行かれた時の
伊勢神宮のエピソードを聞いて、
伊勢神宮が神聖なところであるという
ことを改めて感じました。


古川庭樹園
専務さんは渡辺豊和さんの建築デザインの
本の話から
「現実ばかりを見て、悲観するのではなく夢をもつ」
ことの大切さを私たちに話してくださいました。


ものつくりをする人はもちろん、
人として生きていく上で
「夢をもつ」というのが
生きていくなかで自分自身の
芯の部分になるのではないか
と近頃思っています。


そして、この日のテーマ
「ゲニウス・ロキ」


その土地の持っている雰囲気を知る

それは1,2回行っただけでは
分からない。


土地を知り、その土地の土の状態から
借景、周りの家までを
よく見て、より落ち着いた空間にすること。

「全てにおいてゲニウスに聞く」


ここで全ては書ききれませんし、
全てをあの時間で理解できたわけでは
ありませんが、自分の中に
ジワジワと入ってくる話でした。

とても奥深さが感じられるテーマでした。


そして、荻野寿也景観設計
の荻野さんは「新建築」に
掲載されたご自身のお仕事の話を
交えながら人々の興味が建築から
「アウトドアリビング」
にむいているのではないか。

研究会のメンバーも今こそでていく時だと・・・
(少し表現が違っていたかもしれませんが)

その言葉を聞いて胸が熱くなりました。

 
研究会に来られている方は人生の先輩の
造園家の方々もおられますが、
修行を経て独立された方、
大きい会社で経験をつまれてからご自身で
会社をたちあげた方など、
私と同じ世代で大きなお仕事を
自分でうけて、ご自身で施工をするという
方が沢山おられます。


荻野さんはいつも同じ目線で接して下さり、
その話からは若手への目にはみえない、応援の
メッセージがつまっているように感じます。



昨年の12月は一年を振り返っての話で
しどろもどろだった私。

相変わらず発言の機会をいただくと
固くなってしまっているのですが、

その「人前で話をする」
というのが実は、
「しゃべる訓練」であり、
専門分野以外のことを
知る、話すことが大切であると
武部先生の話から始めて知ったのでした。


もし、次回、発言する機会があったら
・・・もうすこし柔らかく
はなせることを目指します!



武部先生を囲みながら真剣に
耳を傾けたり、
時にはどっと笑いがおきたり。


その中で私もご一緒させていただいていること
をとても有難く思っています。


来年も皆様、よろしくお願いいたします!



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net

[PR]
by u_annabelle | 2012-12-18 15:18 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

夏の園芸交流会

先週の日曜日の出来事。

園芸同友会の
「夏の園芸交流会」へ
参加させていただきました。

場所は大阪国際会議場
(グランキューブ大阪)です。


私は恥ずかしながら道に迷いやすい
人なのですが、去年もこの
交流会に参加させていただいたので
迷うことなく無事に着いて
ホッと一安心。


今回の交流会は記念すべき第10回という
ことで第1部は
東アジア野生植物研究会主宰の
森和男先生の特別講演でした。

近代日本の園芸の流れ

というテーマで
江戸時代から現代に至るまでの
日本人の園芸の話を聞かせてくださいました。
a0233896_10595858.jpg

森和男先生です。

江戸の盆栽屋の仕事から戦後の
園芸雑誌の話まで幅広いお話でした。

中でも昭和40年代に創刊された
園芸雑誌の内容はとても惹きつけられて
現代よりも純粋に植物を熱烈に
愛してやまない読者が沢山いたんだ
ということが感じられました。

「若いときに行くところ、
 買う本は自分の力で」

「自分で本を買って調べる
 ことが大切」
 (インターネットよりも本)

先生のご自宅に5月に伺ったときに
膨大な数の本の量に圧倒されましたが
本当に本を大切にされてこられたのが
伝わってきました。

私の自宅にある1998年の
ガーデン雑誌に 植物 の
連載をされていた森先生の文章を
再度読み返してみました。

そこには先生のご自宅の庭つくり
の土のことがかかれてあり、
庭全体を排水のよい土壌に
変えるべく、土壌改良を
長期間に渡り続けておられる
様子が文章と写真で綴られていました。

夢中で読んだ後で、

大切な本というのは残っていく宝だな

と改めて実感しました。


森先生はその他にも

園芸店の役割や
現代の教育の大切な話を
聞かせてくださいました。


第2部のパネリストの方々

園芸同友会会長の
横山園芸
a0233896_11292535.jpg

横山直樹さん、

バラとクレマチスの種類の多さと
素晴らしいスタッフの方々の対応で有名な
松尾園芸
松尾裕樹さん、

北海道大学で蘭や菌を研究されている
谷亀高広さん、

河内長野市の
花の文化園の園長をされて20年の竹田義さん。


どの方のお話も色々な角度から
園芸の話、人との交わりの話
をされていましたが、

中でも私の地元の河内長野の
「花の文化園」の竹田園長さんの
話は開園から何度なく
足を運んできた私にとって
今までの経緯や
今後の課題、ボランティア育成の話
などを聞いているうちに
胸がジーンとして
こみあげるものがありました。

ボランティアさんと職員の皆さんの
努力と熱意で存続の危機を
乗り越えて、現在は
文化園で育てたパンジーや
クリスマスローズを
各、施設や小学校に配布するという
活動を行っておられます。
a0233896_1155328.jpg


その他にも色々なイベントを企画
a0233896_11562980.jpg


本当にいい話を沢山聞かせていただきました。


その後は12階へ場所をうつして交流会へ
a0233896_11584642.jpg

a0233896_11594021.jpg


挨拶をされるMs garden styleの津山さん、そして
園芸同友会の皆さんです。


交流会ではパネリストでお話をされていた
竹田園長さん、

以前、
クリスマスローズ苗をみてからずっと
気になっていたナーセリーの研究員の方、

そして泉州の超有名人気売店さん、

他にも色々な方々とお話させて
いただくことができました。


中でも。。

私が最後のデザートを
食べているときに
話しかけてくださったNHK出版の
「趣味の園芸」の
元編集長さんとご一緒に
談話させていただいたことは
忘れられません。
a0233896_12175030.jpg


最後に締めの挨拶をされていた出澤さんに
沢山のいい言葉をいただきました。
これからの自分の励みとなりました!



そして、、、

場所をうつした2次会は、
真剣でしっとりとしている
女性の皆さんと相反するような

「濃ゆい」男性の皆さんに
ちょっとびっくりしました。。


でもその「濃ゆさ」も
植物や花を愛するがゆえと
なんとなく感じたのでした!


花や園芸の話を聞くということができ、
話をするということができて
幸せを感じたり、学ぶことが
多かった貴重な1日でした。


お話させていただいた皆様、
ありがとうございました!



ニワプラスポータルサイト
http://niwa-plus.net












  
[PR]
by u_annabelle | 2012-08-24 12:29 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

ガーデニング研究会7月

先週の日曜日は毎月私も参加させていただいている
ガーデニング研究会でした。

3連休だったので家族の了解をもらって
久しぶりに午前中から最後までフルで参加。

人数は少なかったのですがとても
盛り沢山な内容でした。

午前中は何冊かの本の紹介を。

家庭画報8月号に掲載中の
研究会の主宰をされている
武部先生のつくられた庭を
見ることができました。

1月の研究会で画像は見せていただいた
のですが、雑誌をとおして見る
キッチンガーデンは全貌がよく
分かり、家族の方が
外の庭での暮らしを楽しんでおられる
様子が紙面から伝わってきました。

a0233896_1421245.jpg

主宰の武部先生

その他の話は
古材を使うことができる
庭つくりという仕事の話

建築だけではできないあらゆる仕事を
やっていくという
「仕事の範囲の広さ」

そして作業はできていなくても
知っておくこと=材料の話を。

一例として備前の耐火レンガをあげて
日本の産業を支えてきた
耐火レンガが初めて人目に
ふれて、そして、その「古」
が庭という場所でいきてくるという話。

今年のお仕事の中で
私なりに感じたり、
実際に目にして、触って
みたこともあり、今までより
深く身体の中に話が入ってきました。

呼吸の話は
「吐くということの大切さ」
を聞き、思わずその場で試してみる。


このことは色々な場面で
自分で意識をして実践できそうです。


火の話。そして炭の話。


本当に盛りたくさんであっという
間の午前中。


午後からは皆さんの近作の発表が。


八木庭園の八木さんは
ご自分で考えられたアイデアを話される。

荻野寿也景観設計
荻野さんは沢山の近作を分かりやすく説明
してくださり、私も他の方も前のめり気味。

平山庭店
平山さんの庭作りは驚き!
実際の現場を見てみたいとひきつけられました。


武部先生の近作は皆さん真剣に見入って静まりかえる。
キッチンガーデンの画像を
再び見せていただきました。


トリは庭心
甲田さんが最近完成された庭を先月に続いて発表を。


私は自分一人で庭つくりをするという
(ハード面の施工など)
仕事はしていないので
ご自身で庭作りをされている
武部先生や諸先輩方の話は
自分とは離れた部分の話なのかもしれません。


が、一年近くこの
ガーデニング研究会に
参加させていただいて
思うことは

毎回何か自分の中で知らなかったこと
を先生の話を通じて知ることができる。


そしてそのことについて考えさせて
もらえるきっかけの場になっているという
ような気がしています。


日曜日に参加するということは
一日を通しては無理であったり、
家族の行事が入るときは欠席したりと
いう形で
無理しすぎることなく
「学ぶ」時間を大切にしていきたいです。


終了後、荻野さんが勧めてくださった
東京で行なわれている
TOTO GALLERY
のスダジオムンバイ展の話に。
a0233896_15105911.jpg


写真をみるだけでもすごい衝撃でした。


荻野さんは若手の質問に
いつも丁寧に答えてくださいます。

見にいきたい!との声があちらこちらで。。


そんな皆さんのエネルギッシュな横顔にも
出会えた7月のガーデニング研究会でした!
[PR]
by u_annabelle | 2012-07-17 15:16 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

庭と緑を愛する女性たち

今年に入ってから庭に関わるお仕事、
園芸に関わるお仕事を
されている女性の方とお知り合いになる
機会が少しずつ増えてきました。


そして、そんな方々と語りあう
機会がありがたいことに
春、そして先日とありまして。

私も参加させていただいています。


春の時は茶室もあり、
広い庭が一望できる場所を
貸切り、顔合わせのような感じでした。

a0233896_23484951.jpg


a0233896_23493385.jpg

配達していただいた仕出し料理には
雪ノ下の葉が。。
みんな、大喜びでした。


そして、先日は屋上庭園もある
谷町空庭さんへ。
a0233896_14103026.jpg

a0233896_1411622.jpg


今回は初めてお会いする方も多数。

庭師さん、ガーデナーさん、


そして、フリーでお仕事をされて
おられる方もいれば、お勤めされている方も。


他府県の方、年上の方、年下の方。


そして、もちろん一人一人の考え方も
違いますし、関わっている仕事も
少しずつですが違います。


でも、お一人お一人のお話を伺うと
やはり刺激をうけますし、
そこから学ぶこともあります。

皆さんのキラリと光る個性や
魅力はまぶしいくらい。

そこには自分の仕事が「好き」
という一番大切な部分が
土台にあるからではないかなと。。



フリーとしてお仕事をはじめた頃からは
考えられないことですが、
真剣にご自身の仕事について考えて、
庭のお仕事、植物のお仕事を
愛する方々とお知り合いになった
ことを光栄に思っています。


私は時間はかかるかも
しれないけどこれからも植物のことを
勉強していって実践していきたい
夢があります。

気がつけば・・・
そんなことを皆さんの前で話して
いたのでした。。。


谷町空庭さんの野菜たっぷりの
手作りご飯はとても美味しかったです!


暑い夏がやってきますね。


さーって、元気にがんばりましょう!!
[PR]
by u_annabelle | 2012-07-13 00:28 | 研究会、勉強会など | Comments(0)

言葉にする難しさ

先週の日曜日は私が毎月参加させていただいている
ガーデニング研究会でした。

お昼からの参加で4人の方の近作発表が。

最初は庭心
甲田さん。

a0233896_12201913.jpg
a0233896_1222204.jpg


現在、作っておられる
「熊取町の庭」

私も先日、現場へ少し見にいかせていただきましたが、
それからさらに進んでいる現場の話、
そして、思いを写真をまじえながら
発表されていました。

その後は
萬葉の北谷さん、
GREEN SPACEの耕造さん、
創都の清水さんの
近作発表が。

プレゼンで慣れておられる
(と感じました)
皆さんの発表はとても落ち着いていて
私も興味深く聞かせていただきました。

そして、私も北谷さんの
近作発表でお仕事をご一緒させて
いただいた 金剛の庭 について
少し皆さんの前で話をすることに。。。


「少し」のつもりがいつの間にか
話が長くなってしまったように思います。


ガーデニング研究会で皆さんの前で
話をするのはこの日で2回目でしたが
緊張のあまり固くなり、
要点をまとめきれていないことに
後で後悔したり・・・。


先輩方の前で自分の考えや思い
の話をするというのはとても緊張します。


そして、話し終わると・・・


皆さんの温かい拍手が耳に入ってきて
その場にへなへなと崩れてしまいそうでした。



ブログを綴ること、

人前で話をすること、



どちらも私はあまり得意な方ではなく、

むしろ、苦手な方だと思います。



でも、一人でお仕事をしているという今、
色々なことを経験して、
一つ一つ前にやってくることを
乗り越えていく・・・



そんないろいろを
「悩みながらも楽しめる。」


そんな女性になれたらいいなーと思っています。


そのためには努力と情熱がまだまだ
必要ですね。。。


ガーデニング研究会終了後は
古川庭樹園の長谷川さんの
送別会へ。



樹木を見に行くと、お忙しい中、
探している樹木のところへ
一緒にみにいってくださったり、
私の仕事の話に耳を傾けてくださったり。


心やさしい長谷川さんの送別会は
多くの方が参加されました。

a0233896_1315798.jpg

長谷川さんと私の横で熱く庭について語られていた
愛知の庭師、平山さん


これからお会いできなくなるのは
寂しいですが、故郷でバリバリと
活躍されますことを祈っています。


そして、又、ニワプラスにも行きます
とおっしゃられていたので
お会いできる日を楽しみにしています!!
[PR]
by u_annabelle | 2012-06-22 13:22 | 研究会、勉強会など | Comments(2)


個人庭、店舗の植栽、アフターメンテナンス ・ グリーン、寄せ植えなどコンテナの作成や、季節ごとの植え替えを承ります


by u_annabelle

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

植物、花、木
日常
annabelle
最新の施工例
ワークショップ・教室
ニワプラス
研究会、勉強会など
今までの施工例
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

aimanaあいまな

最新のコメント

okamotoちゃん ..
by u_annabelle at 13:13
ブルーのお花とエリゲロン..
by okamoto at 21:30
大江さん、この度は有難う..
by u_annabelle at 10:12
この度、大江ガーデンに仕..
by 大江ガーデン at 22:57
平山さん、コメント有難う..
by u_annabelle at 16:20
いいですねー いつも思い..
by 平山庭店 at 22:08
hanonさん 日曜日..
by u_annabelle at 08:04
SLOW*HANDSさん..
by u_annabelle at 08:01
日曜日はワークショップお..
by hanon10 at 11:04
日曜日は楽しい時間を過ご..
by SLOW*HANDS at 10:01

LINK

検索

最新の記事

秋の花の文化園
at 2017-11-22 15:05
2017年 秋のお手入れ、植..
at 2017-11-14 12:55
「古器に生ける」展へ
at 2017-10-29 13:59
大切にしたいこと
at 2017-10-22 15:46
2017年 秋のお手入れ
at 2017-10-15 12:48

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

花・ガーデニング
子育て

画像一覧